スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は14時間労働

今日(昨日)は16時から家庭教師。
その後19時30分からもう一件授業があり、
22時からは夜勤。14時間連続です。休憩除いても12時間。


さて、そのうちいま一人の生徒を3日連続で相手をしているんですが、
理解力のなさにビックリすることがしばしばあります。

いまやってるのが二次関数(y=ax^2+bx+c)。これがもうちんぷんかんぷん。
3日間全部二次関数に当てたって言うのに、現在もほとんど何も理解できていないに等しい状況です。(まあ"全く"何も理解していなかった最初に比べてましになりましたが)
たとえば初日に最大値最小値の問題をひたすらやらせて、
その部分を翌日の宿題にしたのにもかかわらず、
翌日みてみると、ほとんど白紙。
二次関数の最大値ですよ?
y=2x^2-8x+3
だったら
y=2(x-2)^2-5
って平方完成してみるだけの話です。
そいつは別に平方完成が出来ないってわけじゃないんですよ。
どこで躓くかというと、
最大値最小値の問題をみたら平方完成をしなきゃいけない
っていうことがまず閃かない

はぁ?ですよ。
本当に信じられない。
だって前日あれほど
最大値最小値の問題をみたらとにかく平方完成しろ!
っていったんですよ。紙にまで書いて持たせたんですよ。
ていうはそれ以外ほとんど何も教えてないんですよ。
ようするに2つ3つのことしか教えてないのに、そのうちの一つを翌日忘れてるんです。
しょうがないからもう一回教えてあげると
「あ、思い出した☆」っていうから今度は似た問題として
y=(10-x)(500+20x)
の最小値を求めさせたんですよ。ここでまたつまずく。
なんでなんで?聞くと
「これって展開していいんですか?」

はぁ???

展開しちゃいけない理由がどこにあるんだよ・・・
ほんとそれくらい自分で考えて欲しい。
で、なんとか展開して計算し始めた、
と思ったら、
なんと再び因数分解しはじめ、
あれよあれよといううちに
(10-x)(50+2x)=0
x=10,-25
最小値は0

とかいってるわけですよ。
なめてんのかお前?
結局この問題解くのに20分。

最大値最小値以上の難題として判別式D=b^2-4acをつかった問題がある。
y=x^2+2mx+3m+4がx軸と異なる2点で交わるときのmの範囲を求めよ
っていうやつなんだけど、
まあ初挑戦で解けないのはいいとしよう。
俺は優しいので3~4回間違えるのもいいとしよう。
でもね、たぶんこのタイプの問題もう20回くらい解いてるわけですよ。いやマジで。
でも今まで一度もノーヒントで解けたことがない。
まずどこでつまずくかというと、
「①問題の意味がわからない」
5分くらいかけて意味を理解させても(ちなみに同じような問題でも「共有点を持つ」「二つの実数解を持つ」って表現が変わるたびに分からなくなる)
今度は
「②判別式が閃かない」
平方完成と同じパターンですよ。
でもさ、判別式使うんだよ、なんて教えちゃったらもうほとんど答えいってるようなもんじゃん?
だからなるべく自分で閃くように誘導するんだけど、たいてい無駄。
ところがこいつはその先でまた躓く。
「③判別式がかけない」
なんとか2m^2-4(3m+4)まで持っていかせても
「④そこから何をしていいのかがわからない」
結局m^2-6m-8>0まで俺が持っていくんですが、はいもちろん
「⑤解けない」
これが一次不等式であっても解けなかったりします。


何度も言うけど、この問題、冗談ヌキで20回くらいやってるんですよ。
せめて①、②のステップくらいはそろそろクリアしてもらいたいころじゃん?
「さすがにそろそろできるようになってるだろう」
なんて淡い期待を抱いて過去20回出題してきたわけですけど
20回とも裏切られた俺の気持ちを察してくれ。
しかもそいつは恐ろしいことに、
一度一句全く同じ問題を20分後に解かせても解けなかったりする。
こうなるともう、彼は一生解けないんだろう。

ここまで頭が悪いと、日常生活にもそうとう支障が出ると思うんだけどどうなんだろう?
ゲームの説明書とか読めないんじゃないか?
考えすぎだろうか・・・
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://handa.blog19.fc2.com/tb.php/108-b86efc1f

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。