スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テストおわた

いやぁ、終わりましたよテスト。
毎度の事ながら大変でした。

前期のテストが終わったときは
後期は委員会活動もなくなって暇になるから
その分ちゃんと授業に出るようになって
今回みたいな大変な思いはしなくてすむんだろうな

って思ってましたよ。それなのに

 ↓よくわかる後期フローチャート

「よーし、後期は頑張るぞー!」
→「今週一回くらいやすんでも大丈夫だよな」
→「一回も二回も変わらないよな」
→「授業なんてそもそも出なくていいだろ」

→(中略)

→「くそっ、ここは5ソウ切りにすべきだったか」

→(中略)

→「野網君、ノートかして!!(つД`)」



ほぼ毎日部室にいたので、handaさんはもともと授業が少ないのでは?
なんて思われてる方もいるかもしれませんが、
実際のところは毎日授業がありますw

月曜:計算機科学 →出席3回
火曜:幾何構造論 →出席2回
水曜:確率論   →出席3回  
   解析構造論 →出席1回
木曜:数理解析学 →出席2回
金曜:代数構造論 →出席1回
金曜:統計科学b →出席2回

2回出席はようするに初回とテスト直前に出たってやつですね。
ゼミを除いて計26単位。
これで26単位ももらえたら詐欺ですよw

といいつつもらう気でいたんですが
すみません、さすがに無理でしたw
解析構造論・確率論はノートが手に入らず玉砕(正確には敵前逃亡)
それでも18単位あるから良しとすべきか・・・
(↑取れた気でいる)


各教科を振り返りがてら紹介してみます。



計算機科学b(月曜1限)
C言語をつかったプログラミングの授業のシリーズ第二弾
講義テキストが充実している上に
テストも易しく(オール持込可ネット検索可)普通にやってれば取れる。
(商学部の人も取れたと思うので、プログラミングが好きならオススメです)
難易度★☆☆☆☆
楽しさ★★★★☆
授業中パソコンで遊べる度★★★★★



幾何構造論(火曜1・2限)
幾何(図形)の授業の第二弾は位相幾何学。
「トポロジー」と書かれた教科書を見てピヨが爆笑していたが
トポロジーって(この世界でなくても)結構一般的な言葉なので
みなさん知っておきましょう。
テストは、知っていれば6割解ける。
難易度★★★★☆
楽しさ★☆☆☆☆
授業中当てられる度★★★★★
(↑ただし出席のときに返事をしなければ☆ゼロ)


確率論(水曜1限・通年)
抽象的な確率論の授業
高校までの確率とは殆どなんの関係もないといっていい。
受講生は20人いるはずなのに、出てるのは2人。
それでも熱心な先生が可愛そうになって
たまに出てあげて、
そして後悔する、そんな授業
テストは事前に全ての問題と解答が発表されるため
それさえやれば100%とれる。
そう、それを手に入れるのがもっとも難しい、そんな授業w
講義の難易度★★★★★
テストの難易度★☆☆☆☆
先生の不憫さ★★★★★


解析構造論b(水曜3・4限)
複素数を使った積分を習う
後期は挑戦していないため内容は不明w
たぶん留数定理という必殺技を使って
一変数の定積分を一瞬でとくのだろう
残念ながらノートがないので会得できませんでした。
講義内容は簡単なくせにテストは範囲も広く厳しい。
まあ勉強すれば船長でもとれる程度なんだけどね。
講義の難易度★★☆☆☆
テストの難易度★★★★★
先生が絡んでくる度★★★★★


数理解析学(木曜1・2限)
ルベーグ積分の第二弾。
積分計算を習うのではなく、
積分・測度(体積)に関する様々な性質を勉強する授業。
難易度MAXだった前期に比べ、
後期はテスト問題の8割が事前に発表されおり
それを覚えていけば人科でも取れる。
ちなみに担当教員は、俺のゼミの先生
この授業の直後にゼミがあるので
出てない俺はなかなか顔をあわせにくいw
難易度★☆☆☆☆(全員通過)
前期の難易度★★★★☆(6割通過)
3年前の難易度★★★★★★★(3人通過)



代数構造論(金曜1・2限)
俺の誕生日と同じ10月25日生まれの天才数学者ガロア
彼の名を博す「ガロア理論」を勉強した後期の代数構造論。
150年近く前に生まれたガロアは、高校生のとき
独学でこの独創的な定理を発見したとか。
決闘の末、20才の若さでこの世を去ったガロアは
俺の中で数学者のヒーロー
講義はきわめて難解、下準備も多いため付け焼刃では全くどうにもならない授業
が、先生が優しいので
なんと事前に出るテスト問題をひとつだけ発表してくれる!
前期はそれ一問でもやれば良。(ちなみに白紙でも50点w)
後期も問題が発表され、これまた余裕
…かと思われたが、これが結構難しく
解けない人続出。数理科の中でも最後まで共通の解答が出揃わないまま本番に突入という緊急事態にww
しかも蓋を開けてみればその問題、配点が50点wwww
うはwww10点足りナスwwwwボブwwwww
難易度(測定結果待ち)
ガロアのかっこよさ★★★★★
先生のホモさ★★★★☆



統計科学b(金曜3・4限)
前期統計科学aは全課目中最高の難易度
採点のゆるさに救われた感が否めなかったが
後期は先生も変わり心機一転
授業は3限のみで終わるわ採点基準はレポートのみだわ
ほかとは比較にならないほどのヌルさ。
丸写しレポートさえ提出すれば優or良
しかし提出期限に遅れてしまったら、残念ながら可(それでも通るんかいw)
商学部も取れるはずなので、先生が同じなら超オススメ。
4単位がものすごい勢いで転がり込んできます。ピヨでも取れます。
難易度☆☆☆☆☆
先生の神度(測定不能)




テストも終わって驚異的に暇になったので
これからは、もうちょっと頻繁に更新できるようになると思います。

ではまた。


スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://handa.blog19.fc2.com/tb.php/116-d109a317

後期を振り返る。月~火
(Trackbackより)トンファーにハマった先輩が後期を振り返ってるので僕も振り返ろうと思います。ドゴォォォォッ<全体総括>前期が単位数的に怠けすぎていた事に気付き、後期は可能な限り埋めてみました。しかし、前期に比べてやたら忙しくなっていき…出席は後期の

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。