スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シュレディンガーの牌

山に積まれた麻雀牌は観測するまで(ツモるまで)その中身が定まらない
という量子論的パラドックス

テンパった。しかし悪形低得点なので手変わりを待とう、
と思ったら次順即ツモ。
ツモのみ300-500
試しに裏ドラを見ると3枚もろノリ。
リーチしていればハネマン12000。
よくある後悔。

しかし、こんなとき
「リーチしていればツモらなかった」
と堂々と言い張るのが量子力学的麻雀観
単なるオカルトではない。

(参考:シュレディンガーの猫)
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://handa.blog19.fc2.com/tb.php/20-04df738a

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。