スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記憶力と発想力

世の中には一瞬で何でも記憶してしまう超人がいます。
いわゆる「映像記憶」というやつ。

例えば「10年前の○○月××日に食べた夜ご飯は?」なんて聞かれても速答出来ちゃう人とか、英単語帳をものの数10分で丸暗記してしまう人とか、速読の達人なんかもその類の能力が発達した人です。


今日の朝ごはんすら思い出せない俺にとっては、羨ましい限り!


ところが、とある映像記憶能力者の話。
彼も一度見聞きしたことは永遠に忘れないという相等レベルの能力の持ち主で
とうぜん一度見た人の顔や名前なんかも全部覚えられたんですが・・・







なんとその人物の表情が少し変わるだけで
同じ人物と認識できなかったらしい!!w


うはww意味ねぇw


それだけではなく

 12345
 23456
 34567
 45678
 56789


この数列をみても、その規則性が全くつかめないという始末。



コンピューター以上の記憶力を持ちながら
コンピューター以下の発想力!!


まるでコンピューター(ん?例え方が不自然だぞ)



そういえば確かに「記憶力」と「発想力」を両立している人ってなかなかいないなぁ。
理由はなんとなくわかる気がする。


ちなみにこういった「映像記憶」の能力を司るのは右脳
そして、発想力やアイデアを司るのも、やはり右脳


ある高校生は、苦手な数学の能力を高めるために
右脳を鍛えはじめたそうです。
数学って言ったら右脳ってイメージがありますからね。
ところが、映像記憶能力はガンガン発達したのに、
肝心の数学の成績はちっとも上がらなかったらしい。
(つーかそっちのほうが断然良いと思うが!w)


逆に俺は数学を勉強すればするほど記憶力が無くなっていく気がするorz
同じ右脳を使っているはずなのに不思議だ
(いやそりゃ数学のせいじゃないだろ)

以上、記憶と発想と右脳の話でした。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://handa.blog19.fc2.com/tb.php/49-292b0e2c

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。