スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自然対数の底 約3

円周率に続き、自然対数の底 約3に

ゆとり教育政策の一環として円周率を約3と簡略化した文部科学省が
この度、自然対数の底を約3とする教育課程を新たに導入する方針を明らかにした。
自然対数の底eとは高校数学3Cで登場する

68851f42048fcbb245a56c94a7c09d80.jpg


で定義される実数である。その値は
e=2.718281828459045235360287471352…
と延々に続く無理数。

「円周率の3に対して、自然対数がいまだ無理数であるのは不公平だという声が以前から多くあった。
最近何かと無理数だ超越数だと騒がれているが、この度の改革で、
全国の高校生に、自然数のすばらしさについてもう一度考え直してもらえれば、と思っている。」

この影響で

c3d7a3f74527a7bf8fb452878618b178.jpg


といった数々の重要な公式が成り立たなくなり
指数関数の微分に細心の注意を要する事になる。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://handa.blog19.fc2.com/tb.php/86-96e10fa5

コメント

うそ書いちゃだめですよ!!!
だめですよ。ちなみに私は自然対数eはすっごい好きでした。とりあえず微分してもそのままってのが快感だったり。
そういえば、AO入試のときに面接官に『ex(eのx乗って書きたいけどかけない)を微分すると?』って聞かれたなぁ。懐かしい。数理科の先生だったんですかね?
ぶらぶらしてたらたどり着いたよ
信じてしまいました、、、。
工学系を目指す高校生にとっちゃいたい話ですね^^;
コメントありがとうございます
思ったんだけどeが約3になったところでeはeのままでしか計算しないからそんなに困んないよね

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。