スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

共感

「はんださんは一年生と一番仲がいいですね」と言われ、
えっと思う。

自分はもともとそんなに人と仲良くできるような人間ではないはず。
基本的に友達は少ないし、関係は浅い…

以前イトキンさんと
「人間には大きく分けて6種類の人種がいて
自分が仲良く慣れるのはそのうちの一種類だけだと思う」
なんて話しをしたのだが
それくらい自分が仲良くなれる人種は少ない。
たまたま部室が
自分にとって親しみやすい人種のあつまるパラダイスなのだろう。

ではその人種だとか、
人の持つ価値観を決定しているものは一体なんだろう?
そう思って、最近(いや、けっこう以前から?)
人それぞれのがもつ人間性、
その根源にあるものについていろいろ考え始めたのだが
これが不可思議なものだ。

例えば
毎日授業に出てノートをとる人って、なにを考えているんだろう。とか。
真面目な人だ、と言えばそれまでだけど
その真面目さの根源って何?
少なかれ自分にも真面目さのかけらは備わっているが
さすがに完全出席だけは絶対出来ない。
それが平気で出来るその人は
きっと自分には見えていないものが見えている。
そう思うと、親しいと思っていた人がとたんに遠くの人に感じことがある。
別に真面目な人と価値観が合わないとかそういうことを言っているのではなくて、
「なんでこの人はこういうもの(音楽・趣味・教科)が好きなんだろう」とか
「なんでこんなに他人に優しいんだろう・自分に厳しいんだろう」とか
以前は”そういう性格だから”と単純に思っていたものすら
深く考え始めると気になってしょうがない。
(例えば、親しい友人が実は東大生でしたって聞くと、ギョッとするじでしょう?あれと同じ感覚を覚える。)

一方で趣味・特技・文理までまるで違う人が
同じ話題で盛り上がり、同じものをみて同じように感じ
同じように笑える。
どうしてって思ってしまう。
これってあんまり当たり前なことじゃないよ。

例えば
「俺は高校のとき、昼休みに体育館で遊んだ」
これを聞いてみなさんはどんな様子を想像します?

おそらく多くの人は、”自分の出身校の体育館”の絵を思い浮かべたはず。
こういった一つの言葉から連想するものをとってみても
小からぬ差異が見られる。

きっと、同じ空間や時を共有して、語り、笑いあっていても、
実は見えているものはまるで違う。
”みんな同じように感じている”なんて、きっと錯覚なんだろう。

となると、本当の意味で「価値観の合う」ということがなんなのかわからなくなる。

本当は
自分が他人に完全に共感することなんて絶対に出来ないし
他人に自分の心を完全にわってくれることも絶対にないのに




これを憂うのは貪欲かもしれないが、
なんだか部室で過ごす時間の意味を考えてしまう。




半田最終日

明日(正確に言えば今日)半田を発ちます。


長かった~~。一週間かぁ
実に退屈な一週間だった。
よく飽きもせず更新続けたと思うよ。うん。
(まともな記事殆ど無いけど)




さて、期間限定ブログもいよいよ最終日なんですが…
くっそ~、ここにきてやっぱり書くこと無いよ!
最後くらい、ちゃんとした出来事かきたいじゃん?
なんつーか、半田の空気っていうの?
そういう臨場感的なにか、
横浜のリスナーに伝えてあげたいかな?って (誰だよ



昼頃までは「よしっ、今日はこのことを書こう!」
ってのがあったのに
忘れたーー!チックショー!

思い出せないのでほかの出来事を考えよう。



茅根君とのメール公開?

う~ん、惜しいなぁ~。確かに面白いんことは面白いんだろうけど
絶対にここにはかけないような内容なので却下。


妹のバカ話シリーズ?

頑張ればけっこうかけそうだけど、
いい年こいた男のブログが、妹の記事だらけってどうよ






いいや、今日もネタで!
半田?関係ねーよ。
なんにしよっかな~?

よしっ
「あったら嫌な携帯電話」
このシリーズやりやすいからなぁ~。













●レベル190万
待ち受け画面がタムt





もういいです
こんな日はきっと何もかけません。おやすみなさい。

あったら嫌な数学、および数学の教科書

またしても書くこと無いので、ネタで埋めたいと思います。
まえにもましてマニアックですみません。分かる人はニヤニヤしてください。
(下に正しいツッコミの例も用意したので参考にして下さい)



●レベル5
自然対数の低eが約3だ
(かえってややこしいわ!)

九九が足し算だ
(ゴサンハチ…って暗算でやれ!)

定理の証明、および演習問題の答えが全て「自明」
(ありがち…)

例図が飛び出す絵本になっている
(分厚っ、高っ、無駄ぁっ)

●レベル30
直線に太さが無いので見えない
(そこは融通きかせろよ)

対話形式だが登場人物が天才過ぎて、基本置いてけぼりだ
(「先生、よく分からなかったんですけど、つまり基底∂/∂xをeと見なすることでR^n上の接平面と同一視することができるという解釈でいいんですか?」ってニューホライズンかよ)

対話形式だが登場人物が全員文系だ
(「先生、そんなのやってなんの役に立つんですか?」って正論過ぎて話し進まんわ!)

対話形式だが人間関係がドロドロだ
(「先生…昨日ナオミと二人で何話してたんですか?…どうして、私じゃないんですか?」)

●レベル600
ジョルダン閉曲線の定理の証明が本当に20万行ある
(くそっ、分厚いと思ったら殆どジョルダンかよ、まただまされた!)

5~6個確かめただけで「殆どいたるところ成り立つ」と言い張る
(どんだけ濃度小さいんだよ!)

付録に射影平面のペーパークラフトがついている
(「3次元の操作だけでは作図不能なので時間軸を往復して接続してください」ってやかましいわ!)

●レベル190万
著者が田村一也だ
(「でぇ~?」 by茶●)

                           20060506114731.jpg

リンク追加

ちゅっちゅと私
茶々とは全く関係ありませんのであしからず。31歳主婦のブログです

ゴンの部屋
説明不要。最近更新少ないぞ。がんばれゴン、負けるなゴン。

Days with Chaos
ハマー。勝手に追加しました。本人は知りません。


ドライブ ~禁断の森編~

半田での1番の楽しみが猫と戯れることだとしたら
2番目の楽しみは、ドライブ!

横浜じゃ車に乗れないからね~(乗れてもオンボロ生協カー…)
しかも、横浜と違って半田の道は走り心地がいい!



昨日は妹を名古屋まで輸送。

半田から名古屋まで車で1時間近くかかるんですが
ドライブ好きなので無問題
途中ちょっと迷子になりかけてあせりましたが、
尾張地方の地理は単純なので
とりあえず北に向かっとけばなんとかなっちゃうから素敵
(↓)

20060504230908.jpg



帰りもとりあえず南に向かっておけば、
必ず知ってる道にたどり着くので気楽なものです。







ただ~し!あんまりやりすぎると本当に迷子になるので注意
特に半島中央の森地帯はマジデンジャー。

魔界の森デンジャー


良い子は入っちゃいけないよ。
一昨年前、深夜に迷い込んだんですが、
あの時は本当に泣きそうなりました。

今日はその話をして終わります。



友達を送り届けて、その帰りだったんですが、
「近道をしてみよう」
なんてちょっとした出来心から入ってしまいました、禁断の森、深夜3時



最初の違和感、街灯が無い。
そのうえ他に車も走ってないから本当に真っ暗!そこで一人ぼっちですよ。
信号機の明かりにすら安堵感を覚えます。

しかも道がうねりすぎて方角が分からない!
とある交差点を直進すると、
10分後、同じ交差点に右側から戻ってくるという仕様。
(いや、現実にこれ食らうとほんと凹むよ…)

ようやく見つけた看板。が、右も左も聞いたこともない地名

20060504230930.jpg
(あくまでもイメージです)


「えっ、もしかして本当に異次元?」


なんてちょっと諦めかけましたが、
最終的には、北斗七星のひしゃくをたよりに北極星を見つけて
無事に帰ってこれました。
ああ、知ってて良かった中学理科。

いや、本当だって!
曇ってたらいまごろかなりやばいことになってたと思う。5歳くらいふけてたと思う。

みなさんもドライブの際は、迷子にだけは気をつけましょう。

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。